カレンダー

04 | 2002/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【今日の出来事】================----
NaningoiReportが漸くほぼ完成。ANUがもう少し直したいらしいので
来週頭に出来上がるかな。最近非常に忙しい、、、。


【今日の発見】================----
フランスが負けた!!
スポンサーサイト
【今日の出来事】================----
午前はJICA関係の資料作り。午後は伊藤忠でプリンタを使わせていた
だいた後(此方のプリンタでは日本語が印刷できない)Officeへ。
ANUとともにNaningoiReportをFinarize、、、、しようとしたら終わら
なかったので明日に持ち越し。ANUとFreyのhostofamilyはムチャクチャ
金持ちらしい。

【今日の発見】================----
・やっぱ公式文章を英語で書くのは非常に骨が折れる。言い回しとか
 単語とか訂正されまくり、、、。「政治的」表現って難しい。
【今日の出来事】================--
Trainees帰還。CCFOfficeにて再会。JOPもANUもFREYもウガン
ダを非常に楽しんできた模様。いいなー。と思ったら、昨日
ケニアにきたUSAのSNが居たらしい。今日からCCFで研修開始
・・・11人目のTrainee。Dismas(CCFのマネージャー)にSN
を受け入れる意思が無いのにSNをRealizeさせちゃうところは
さすがケニア。。。。。さらにオランダやその他ともMatcing
を進めてるんだから信じがたい。ANUとNaningoiの打ち合わせ
をした後伊藤忠へ。現地商工会でのプレゼンテーションの許可
を頂く。Projectorが有るかが問題だね。SilvorSponeでTrainees
に再会した後ケニア領事のお宅へ伺う。

【今日の発見】================----
・やっぱり現地日本人のコミュニティは結束が固い
・社会人は行動スピードが軽やかでいいね。今できることを今
 この瞬間にすることの大事さが良く分かる。
・イギリスと日本の教育制度、試験傾向の違いを実感

【アイセックの此処がダメ】===============--
・TNが受け入れる意思無いっていってるのにTraineeを連れてくるな!
 言語道断、意味不明。基本的にTNとのComunicationがなってない
 上に、学生特有の都合のいい解釈で物事を進める。キッチリ顧客の
 声に耳を傾けて相手のNeedsをさぐる、、、までいかなくても、相手
 の言ってる事ぐらいわかろうよ。
【今日の出来事】================----
午前中はNaningoiReportDraftを仕上げるために使う。夕方、
AfricanYouthParliamentに出席。アフリカ中のYouthが集まって
若者を取り巻く諸問題について話し合う会議で、International
YouthParliamentのアフリカ版。IYP自体は昨年ニュージーランド
で始まったもので次の会議は香港。AIESECから出席者をだすこと
を検討するのもありかも。途中ナイロビホスピタルで働くドイツ
人青年と知り合う。Denieceがノイノリだった(^^;)
TOの五月祭の屋台収益をCCFのProjectに寄付していただけること
が確定。TOのみんな、ありがとー!!


【今日の発見】================----

【今日の出来事】================-
Deniece帰還。ブロンドだった髪の毛がすっかりアフリカじ
こみのドレッドヘアー(!)になってて驚き、、、と思った
らアンドリュー(AIESECImternational)にあってさらに驚
き(!!)APExproとICで何度か話した日本語をしゃべるの
んきなオーストラリア人(だった気がするけど自信ない(
笑))ケニアの国総に来ているらしい。相変わらずの日本語
で挨拶してくれた。午後は大使館にいき草の根無償担当の方
のお話を伺う。5万ドルまでの支援でスキーム的にCCFにぴっ
たりな気がするので早速formをget。何分年間1000件以上応募
があるのでどうなるか分からないけどとりあえず応募をManag
erに提案。領事の前川氏とも会う。Denieceのアコモ先は携帯会
社に勤めるビジネスマン。なかなか豪華な家らしい。

【今日の発見】================----
・草の根無償って結構美味しいOppotunityかも。競合が弱い。
・アンドリュー相変わらずだ(^^)
【今日の出来事】================----
起床後洗濯。忙しいのでミサの誘いを断ってPCとにらめっこ。
午後、Denieceがバカンスから帰宅。モンバサ、マリンディと
コーストエリアを周る豪華な旅行。いいなー。と思ったら、
バスがパンクして会えず。案の定だね(笑)
【今日の出来事】================----
朝、納豆とふりかけのご飯とカレーうどんを戴き感動。日本の
ご飯は偉大だ。麦茶も非常に美味かった。午前中は醤油と味噌
と納豆が売っている店を教えてもらう、、、も余りに高いので
購入を断念。(醤油200mlでオレの昼食10食分・・・)日本に
帰るまで我慢我慢。現地日本人Community(商工会/日本人会/婦
人部/テニス部/ゴルフ部)への切り込み方に関するアドバイス
を戴いた後帰宅。明日は絶対的に働かなきゃならないので一日
休日を決め込む。ハリーポッター(750ページ)が漸く半分超えた。

【今日の発見】================----
・日本食あるにはあるけど高いー。
・「現地日本人」の感覚はやっぱ2ヶ月じゃ、、、というかDT
 SNの生活じゃ掴みずらいね。
・実はHomeStay後はずっと鏡が無い生活をしてたことに気付く
【今日の出来事】================----
午前、午後と仕事した後、伊藤忠曽我部氏と会う。同社Office
で日本語を印刷できるPrinterを貸していただき非常に助かった。
夕飯はひっさしぶりの日本食(!)「ホウレンソウの胡麻和え」
がムチャクチャ美味しかった。と、同時に大使館の草の根無償担
当の方を御紹介いただく。早速月曜に詳しい話を聞きに行くこと
にしよう。夕食途中でもう一人日本人のかた登場。(日本食レス
トランだから当たり前なんだけどさ)日本で会社起こした後、安
定した生活に飽きた為、全てを処分して単身ケニアに乗り込んで
きたツワモノ。来月からケニア初の本格的空手道場を開くらしい。
筋骨隆々とした勢いのいい兄ちゃん、かと思ったもうすぐ40らし
い!、、、ケニアの人はみんな若作りだ・・・。4人で飲んだ後
曽我部氏の家に泊めてもらう。久方ぶりの贅沢を堪能。

【今日の発見】================----
・自分に正直に生きていると若さが保たれるよね。
・醤油ベースの日本料理はほんとに美味い!
・胃がちぢんでる。ムチャクチャ食べたいのに食べられないこの
 辛さ・・・。
・日本人って、居るとこには居るんだね。
・久しぶりに話す日本語に大苦戦
・商社はやっぱり何でも屋。でもその分非常にExciting。
・TOLCは五月祭で協力してくれそう。ありがとー!

【今日の出来事】================----
仕事。帰りはアイセックのMeetingに少し顔を出す。
日本との通信状況にいいかげんいらだつ。こっちは生活削って
なけなしの金払ってEmailしてるのに。通信回線も状況も悪すぎ
。仕方なく1度帰宅して圧縮しなおして再度UP。(今週末の五月
祭で募金を募る為)予想以上の支出の為暫く昼飯抜き決定(涙)

【今日の発見】================----
・100kBはUPするには重すぎらしい
・新しい帰宅方法を発見。
・毎週必ずOntimeで送ってるこのTraineeshipReport、だんだん
 短くなってきたかも(^^;)
【今日の出来事】================--
仕事。

【今日の発見】================----
・「命懸け」この言葉の意味を漸実感する今日この頃。この国では
 「生きる」と いうことが命懸けの活動なんだよね。みんながみ
 んな色々な形で命懸かった毎日を送ってる。命懸けで泥棒をする
 、命懸けで働く命懸けで歩く、、、それが自分の命であろうと、
 他人の命であろうと、一つ一つの意思決定に懸かってるものの重 
 さが決定的に違う。日本に居たら暴走族にでもならない限り絶対
 に気付けなかったこの感覚。大事に大事に刻み込んでおこう。自
 分のこの瞬間の行動に、誰かの命が懸かっている。この感覚を忘
 れずに居る限り、人とは違う行動が取れるはずだから。
【今日の出来事】================--
仕事。

【今日の発見】================----
・「命懸け」この言葉の意味を漸実感する今日この頃。この国では
 「生きる」と いうことが命懸けの活動なんだよね。みんながみ
 んな色々な形で命懸かった毎日を送ってる。命懸けで泥棒をする
 、命懸けで働く命懸けで歩く、、、それが自分の命であろうと、
 他人の命であろうと、一つ一つの意思決定に懸かってるものの重 
 さが決定的に違う。日本に居たら暴走族にでもならない限り絶対
 に気付けなかったこの感覚。大事に大事に刻み込んでおこう。自
 分のこの瞬間の行動に、誰かの命が懸かっている。この感覚を忘
 れずに居る限り、人とは違う行動が取れるはずだから。

【今日の出来事】================----
伊中からImport関係の情報到着。40周年活用はGoodIdea。これ
で漸く必要な情報が集まった。多少予定より遅れているので徹
夜作業が続きそうだ。JICAとの交渉の為にアポを入れた後、Ta
xリストとにらめっこ。・・・どう組み合わせて計算しても法外
な額のTAXがかかるのが非常に腹が立つ。そのくせ軍事用品を輸
入するときはTAXなしとか意味がわからない(いや、分かるんだ
けどね、、、)。

【今日の発見】================----
・ケニアの政治はやっぱりCollapseしてる
・最近ケニアの暮らしが「日常」になってきて感覚が鈍くなっ
 てるかも
【今日の出来事】================-
伊藤忠の曽我部氏よりケニアのTaxリストを入手、、、法外
な額だな、、、。政治家が私腹を肥やす為に自国の発展を
犠牲にして欠ける関税。どうしたもんかね。officeでNanin
goiManagerのEliudと再会。DismasへのProposalもとりあえ
ずOKが出たのでJICAとの提携を本格的に考える。同時に日
本からの物資輸送もスタートさせる。SSの伊中に感謝。AJ
の人たち協力してくれるといいなー。

【今日の発見】================----
・ケニアの安っぽいドラマでも見つづけると気になるね(笑)
・CCF、ていうかDismasは人使いが荒い
・CCFにおける現場ManagerとHeadOfficeの確執を垣間見る。
 組織構造上しょうがないんだけど、、やっぱどこも辛いね。

【今日の出来事】================----
NaningoiのReportとJICAとのCoraborationの提案書を日がな一日
作ってた。Ronardは試験前らしく同じく日がな一日統計の勉強。

【今日の発見】================----
・どこの大学も試験前は大変だ
・日経平均あがってるじゃん!ていうか1ドル125円!、、、大損(涙)
【今日の出来事】================----
LCOfficeでのSN対象のセミナーの運営を手伝う、、、はずが、
DataがDLできなかったとかで予定変更.因みにプロジェクト自体
は非常にいい感じだった。ノルウェーのNGO主導でケニア、ナイ
ジェリア、インドからの研修生を大量に受け入れる企画。午後
はSouthBに帰りHarryPotterを読みふける。日本ではまだ出てな
い最新版(^^)日本のFANの人たちごめんなさい(笑)

【今日の発見】================----
・アイセックのFasionは確実にLargeAccountに向かってる
・偶には休日が必要

【今日の出来事】================----
朝一でRonard(NairobiLCER)の渉外に付き合った後、Officeへ。
今週はヒタスラDocumentationの週。夜HDSNの先崎さんが家で
Partyを開くらしく招待してくれた。いくら3人でシェアしてると
は言え余りの豪邸に驚く・・・。ナイロビ在住の日本人10人ぐら
いとDinner。久しぶりの箸の感触&日本食に感激。と同時に、途
上国在住の日本人の豪華な生活を垣間見る。なんか金額の桁が二
桁ぐらい違う。海外で豪華な暮らしがしたい人は途上国のMTTNに
研修に行くといいでしょう。

【今日の発見】================----
・途上国に居つつその国の現状を待ったく気にせず、豪華な暮らしをEnjoy
 する日本人、、、終わりのない問題と向き合いつつ貧困問題にとりくむ
 日本人、、、色んな人がいるね。で、それが当たり前なんだよね。
・JOの元SN裏岡さんのセリフがちょっと判った気がした「(現地の)日本人
 に話しても理解してくれないと思うよ・・・。」
・日本米と日本茶はムチャクチャ甘い。
・マックのフィレオフィッシュは実はケニア産の白身魚

【今日の出来事】================----
アヌがマラリアの疑いがあるため病院へ。幸い診断結果はNegativeだった。
Officeでの仕事の後、MCOfficeにてアイザックを待つ・・・待たされること
2時間30分、彼の車でUSIUへ。外国人に日本語を教えるクラスを見たのは初
めて。中々興味深い。中村教授とUSIUのMasterコースに在籍中の日本人院生
を交えてケニアと日本の政治、外交に関してDisscussion。ケニアという特殊
な状況に長期滞在して、色々考えている人の意見は非常に参考になる。アイ
ザックの仕事が終わるのをまって、SouthBにある家まで送ってもらう。

【今日の発見】================----
・学問の道もやっぱりそれなりに魅力的。マクロな視点から制度と理論を考
 えるのってそれはそれで楽しい人生だよね。
・日常生活って何気ない無数の意思決定の繰り返しなんだけど、日本人は意
 思決定する際の基準に「安全制」という軸が欠けている。・・・ま、ケニ
 ア人は「将来性」って軸をもってないことが多いんだけどね。
・日本ってリソース的には貧しい国であることを指摘され再確認

【アイザックの此処がダメ】================----
・時間に遅れすぎー。
【今日の出来事】================--
Save the Children Centerを訪問、Project現場を案内してもらう。
日系NGOのきめの細かさと規模の小ささを再認識。午後はOfficeで
Ricald達のoutputを手伝う。庶務の後、CyberSpounにてTrainees
集合。ChampionShipFinalを見る兼RicaldとFranziscaのFareWellP
artyをCarnibalで行なう。因みにCarnibalはWorldTop50に入る程の
、ケニアNo1レストラン。シマウマ/クロコダイル/イーランド/インパラ
etc非常に珍しい肉が食べ放題。たださすがに値段もケニアNo1。こ
の一晩の出費で通常の昼食なら1ヶ月ぐらい食べれる勢い。Carnibal
内の巨大スクリーンでマドリードを応援。ジダンのGoalに感動。夜
はカナダ人研修生のVikky/トーゴの元MCP/フランス人が住んでいるT
raineeHouseに転がり込んだ。

【今日の発見】================----
・個人所有のNGOはやっぱり機動力とFrexibirityがある
・が規模は小さい
・ジダンはやっぱり偉大だ

【アイセックの此処がダメ】============--===
RickとFranzyの最終日であることを把握している人間が少なすぎ。かつ
Traineeから自然に其れを聞くほどTraineeと仲がよくもない。

【今日の出来事】================----
午前中はJICAへ。日系NGOのコンタクトを入手後、青年海外協力
隊をCCFへ派遣できる可能性に関して担当の人に聞く。色々突っ
込んで見たけどやっぱり政府系機関は安全第一、慎重派だね。恐
らくNaningoiに派遣するのは厳しい(僻地すぎると言われた)だ
ろうけど、とりあえずEriotと相談しつつTryする予定。
午後はアイザック(元SPのTrainee)と再会!いやームチャクチ
ャ太ってて驚き。あのスマートだったアイザックがすっかりぽっ
ちゃりしてたよ。アイザックの家に寄った後彼が現在働いてい
るOfficeへ。USInternationalUniversityの中にあったんだけど、
非常に綺麗なOfficeでした。、、、で、USIUのAIESECofficeに顔
をだしたら、いつのまにか木曜日の日本語の事業にゲスト出演す
ることに。さっそく日本語教官(日本人)のところに挨拶しに行
く。今日は久方ぶりにいっぱい日本語を話す日だ。
その他のTraineeとCCFとのMeeting結果を確認した後、Ronard邸
へ帰宅。(その前にカナダからのCeeder二人とあう。昨日こっち
へついたらしい)現地NGOと数件のアポを入れた。


【今日の発見】================----
・アイザックの家はRonardの家の直ぐ近く、和製の物がいっぱいあった
・アイザックはやっぱり日本で働きたいって
・JICAはやっぱりお役所。安全第一、人命尊重。結果、少しでも
 危険な地域ではProjectを行なっていない。そういう所は基本的
 に現地NGOがカバーしてるんだよね。

【今日の出来事】================-
Tigoniから移動する為荷物をまとめる。12時にHDのSNの先崎
さんとアポが入っていたので荷物はPickUPに来る予定のNair
obiLCに任せて一足先にTownへ。先崎さんのOfficeで久しぶり
に日本語を話す。彼女自身は5月付けで会社を辞めて、6月に
1度日本に帰るらしい。同じビルにある伊藤忠によって曽我部
氏からナイロビの住宅事情に関して聞く。結構高いな、やっ
ぱ、、、、。午後は早速就職活動(笑)JICAにアポを入れて
現地の日系NGOリスト入手を確定。
夕方NairobiLCのRonardの家にhomestayすることを確認。彼は
なかなか親切なNiceGuy。あえて言うなら気を使いすぎるとこ
ろがたまに傷か(?)あいも変わらず異常に重いスーツケース
を担いで彼の家へ。父親はケニアの中央銀行のmanagerだって。
中々しっかりした家で一安心。番犬も居るしね,,,と思ったら
夜中吼えまくられて良く眠れず(涙)ま、そのうち慣れるでし
ょう。

【今日の発見】================----
・現地の人の家にHomeStayすると本物の現地の生活がわかる
 。。。。当たり前なんだけどさ。
・今までのTigoniの生活ではやはりケニア人の視点というか、
 日常が分かっていなかったことを実感。朝起きて新聞読ん
 で、Newsみて、世間話して、、、そういう当たり前のケニ
 アが少し分かった。

【今日の出来事】================----
6:30起床、朝一でNakuruNationalParkへ。CCFでGETしたPermition
Letterは使えなかった。事前にナイロビのKWCHeadOfficeに連絡す
る必要があるとの事。残念。仕方なく正規料金で入園、サファリに
精を出す。半日かけて以下の野生動物発見。惜しむらくはライオン
と豹に遭えなかったことか。午後はライオン探しにLakeNakuruを
もう一周するか、MenengaiCraterを見に行くか迷ったすえ、後者を
選択、、、するも雨の為道半ばで断念。NakuruTownへもどって遅
い昼食をとる。Tigoniへの帰り道では交通事故現場に遭遇。数台の
車両(含む白人)が巻き込まれ、死者もでる大規模な事故。ケニア
の交通事情の悪さを再認識。長距離バス/マタツはそれなりの覚悟で
乗ることにしよう。まぁ、ともあれほぼPerfectなサファリDAYだっ
た。数日振りにくっきり晴れたしね!
夜はTraineesでアドレス交換。卒業式前みたいな雰囲気だった。
正真正銘Tigoni最後の夜。


【今日の発見】================----
・キリン/ガゼル/ウォーターバック/インパラ/シマウマ/白サイ
 バッファロー/ワシ/バブーン/フラミンゴ/ペリカン/カバ
・Nakuruの行き帰りだけで計3件の交通事故に遭遇。内一件は死者
 数名が出てた。そりゃあれだけの悪路を100KM超で飛ばしまく
 ってたら事故るにきまってるわな。
・各国から集まったTraineesで住むよさを再確認

【今日の出来事】================----
週末を使ってNaivasyaとNakuruを観光することに。BarkleyBankで
働いているTim(UK)の車(8人のり!)で街道をひた走る。道は
当然の様に穴だらけの悪路、、、なんだけどみんな100KM超で飛ば
しまくるから怖いよね。LakeNaivashaは高いので、付近のCraterL
akeを見る。フラミンゴの群れが美しかった。その後NakuruとAbad
iaで迷ったけど、結局Nakuruへ。ケニア第4の都市だけあってそれ
なりに賑やか。街中でケンカが多いのがタマに傷かな。以前ここに
来たことのあるRick、FranzyとMigaleの案内でHotelへ。夕食後体
調が悪かったので飲むのを断念して一足先に宿へ帰る。無念(涙)

【今日の発見】================----
・猿/フラミンゴ
・BulitishAccentは非常に聞きづらい

【今日の出来事】================----
午後にAIESECと供にCCFとのMeeting、、、のはずが行って見ると
Meetingは無く、LCPのMongiが居ただけ。とりあえずAIESECとCCF
の間でCSの変更は済んだようだ、、、けど、問題の詳細に関して
は一切話されず。なんかいいかげんこの対応に慣れてきた自分を
妙に客観的に見てる自分に気付く。午後は週末の小旅行の為の準
備。今日が実質Tigoni最後の晩餐。ロバートが腕によりをかけて
作ってくれた夕食は非常に美味しかった。

・・・そしてTraineesのCCFでの研修も恐らく今週(来週)で最
後。DeniceとJolyinはMonbasaへ、RickとFranzyはRangalaを経由
してタンザニア、ウガンダ、CoastAreaを回る旅へ、MichelとFre
dericaはRick達に着いていく。AnuとJopは途中までRick達に同行
して、後は別の研修を探すって。俺自身は別のNGOでの研修を自分
で探すつもり。JOPはMTの研修に切り替えるらしいから最悪そちら
も考慮しておいた方がいいだろうなぁ。今となっては10人いたTr
aineeの誰もAIESEC-Kenyaに頼る気はないし、CCFでの研修を続け
るつもりもほぼ無くなっている。AIESECがTraineeに負の価値を与
える典型例かな。本来ならまだ9人ともCCFでProjectを続けている
はずなのに・・・。せっかく出会えた友人達とこんなに短期間で
別れるのは非常に辛い、、、と書くとNegativeなので、将来のヨ
ーロッパ旅行が楽しみ!っとしておこう(笑)


因みにこのReportを読んでくれてるAJの人達が心配しないように
付言すると、俺自身はこの状況を非常にenjoyしているよ。今俺
の前には非常に多くのOpptunityが広がっていて、どんなExperi
enceが得られるかは自分の選択次第。これって非常にExcitingな
状況だと思わない?一例をあげると、、、
■研修先候補:CCF/NaningoiProject/Kirusu婦人のNGO/在ケニア
       日本NGO/在ケニア日本企業/その他のDTTN/MTTN
■アコモ候補:HomeStay/NaningoiManagerの家/TraineeHouse/
       一人暮らし/Kirusu婦人に頼む/知り合いの日本人
       に頼む
ってな感じで選択次第で色んなものが得られる状況。ま、要はど
んな時でも、何事も、自分次第ってことかな。

【今日の発見】================----
・日本語力が落ちてきた自分に気付く、、、(汗)

午後、Hugoが帰ってくる。彼はCCFのTrainee第一号で、今日が
研修最終日、明日の飛行機でNethalandに帰る。夕飯はHugoの
FarewelPartyをTraineeで行なう(当然のようにAIESECMemberが
一人も居ないのは少し残念だけど、現状では致し方なし)ケニ
アらしくヤマチョマ(羊の肉料理)。注文は「LEG」とか「ARM」
とかで、そのまま足一本、腕一本を丸焼きにする豪快な料理。
ケニアにきたら1度はどうぞ。
AIESECとのMeetingはキャンセルされた。

【今日の出来事】================----
どうやら昨日のAIESECとTraineeのMeetingでTigoniをでて、ホ
ストファミリーを探すことが決定されたらしい。今週末には移
動する予定。CCFとは金曜日にMeetingをもつことに。以上一連
の流れは全てMC主導によるもの。要はLUCYは解任されてNairobi
LCのYDEPは解散ってことかな。(ま、世銀やCNNの話も全て嘘だ
った上に集めた現金の在り処も不明だから当たり前だね)他の
Traineeの話によるとMongi(NairobiLCP)とSieka(MCP)の対応
はそれなりにCoolだったらしいからこれで少し安心かも。ただ、
研修自体はCCFで続けるか他のNGOを探すか極めて不安定な状態
。明日AIESEC(LUCYではない)とMeetingをもつ予定。午後は
基本的にNairobi市内で過ごす。今週いっぱいはNaningoiに関
するReportをまとめるのに使う予定。因みにHUGOはモンバサに
、JOPと新しいTraineeのFredelica(Nethaland)は別のProjec
tにいっていて3人とも明日帰ってくる。これでCCFのTraineeは
10人に。

【今日の発見】================----
・過去の人生で1番「水が美味しい」と思った瞬間
・久しぶりに会うTraineesは家族のよう。嬉しいね。

【アイセックの此処がダメ】============--===
・アコモ問題が未解決のうちに追加のTraineeを呼ぶな。Trai
 neeが自分の時間と生活を投資して研修に来ていることの意
 味をもっと考えろ


【今日の出来事】================----
豪雨の為出発延期か?と思われたが昼過ぎに車が到着。僥倖。
午前中は数人の生徒達とすごす。昨日の反省にも関わらず思わ
ず迂闊にも風船をあげてしまい大失敗、大後悔。少人数だと思
ってたらあとから人数増える増える。こういった不公平が子供
に与える影響をきっちり考えること!(←俺)帰り道は案の定
なかなかHardな行程に。道無き道を何度もトラブリながら5~6時
間ひた走って漸く街道へ。ヒッチハイクとマタツを交えてTigo
niについたのは夜だった。途中ダチョウとキリンに遭遇久しぶ
りのTigoniに感激。とりあえず電気があるってすばらしい。

【今日の発見】================----
・外国人はヒッチハイクで止まってくれる
・遠いとはいえ、日本から2,3日で全く異なる世界が広がって
 いる。地球の時間距離は車の発明以降ほんとに短くなった
 よね。
・Naningoiでは今この瞬間も、これからも同じような生活が営
 まれている。世界のdiversityを実感する瞬間。

【今日の出来事】================----
Naningoi最後の日。ECD(EalyChildDevelopment)の実態を見に
行く。途中で分かったけどMamaSoiyan(初日にOrnamentをく
れた御婆さん)のManyattaが目的地。Ornament忘れたのはちょと
痛かった(涙)ECD自体は典型的なLoipConcept。MamaSoiyanが
付近のManyattaの子供たち40人ぐらいを面倒見ている感じだった
。昼食のオジヤ(?要はPorridgeね)はなんともいえない味だっ
た(--;)Naningoiに帰る際にloosen screw in the brainな老女
とあう。Donationの功罪を再び実感。HeadMistlessと再び話す。
エネルギッシュな人なんだけどChrist教に対する彼女の自信
と執着は生理的に受け入れがたいなぁ・・。因みに昨日の神父
さんはANUに「Yuを改宗させろ!」といってたらしい・・・。
この日の夕飯はNanngoiにきて初めて美味しいと感じた。
因みに今日が新学期初日だったが生徒は2人しかこず。聞いて見
ると雨のせいらしい。通常授業がスタートするのは来週ぐらいか
らだって・・・。無念。

【今日の発見】================----
・LoipiConceptの威力を実感。Manyattaの中で遊んでるのと比べた
 ら雲泥の差
・1度援助を体験した人が其れに対してどういう反応(順応)を示すの
 か、よくよく考えること。何度気付いても気付き足りない。
・山羊の肉は美味しい
・Lionが2頭に増えた

起床後教会のミサへ。典型的なプロテスタントのゴスペルChirch。
こんな奥地に一人で入ってきて協会を立てるだけ有って、神父さ
んは非常に熱心。昔からキリスト教の独善的なところが嫌いだっ
たけど一層その思いが増す。Naningoiに帰還後Jacobが時間を作
ってくれたのでMasaiLowについて聞く。基本的に刑罰は牛1匹。
殺人時のみ牛49匹(女性を殺した場合は山羊48匹)を払うようだ。
この地では、政府の法律よりもよっぽど機能的で実行力をもつ内
容。司法/立法/行政は基本的にElders(老人)にゆだねられてい
る。夕食におにぎりを作ってみる。なにぶん塩とケチャップしか
ないのでひどい味だったが、とりあえずStaff一同JapaneseFood
をenjoyしてくれたようだ。明日から漸く新学期がStart!学校
に生徒がやってくる。待ち遠しいね。Jacobが貴重な写真と彼の
住所をくれた。アイセッカーらしくお礼にAJのTシャツをあげる
予定。

【今日の発見】================----
・ライオンいまだ捕まらず
・キリスト教・・・というか一神教の安易さと独善はやっぱり嫌い
・でも一神教は政治の道具としては非常に強力かつ民衆に浸透
 し易いよね。
・そしてまた日本人の宗教観を説明するのは骨が折れる。とい
 うか実は神道に関して余り体系的に知らない自分を発見(汗)
・【今日の発見】を思い出して書くのは非常に骨が折れる(笑)
昨日からの豪雨の為この日も身動きとれず。一日Office近辺の
リサーチに費やす。
・・・また一日消費か?っと思いきや驚きのイベント発生。

Lionがでた。

Office近郊(およそ3km程)のManyattaにLionが侵入。家畜を狙
ったようだ。今日一日は急遽Bushに散らばっているMulanに収集
をかけてLion狩りの準備が行なわれていたらしい。(因みに普段
Mulanは人に見られることをきらいBushに潜んで生活している)
JacobはLion狩りの手配と氾濫した川で溺れた老人の処理に追わ
れていたようだ。夕食時にひょっこり現れて貴重な時間をさいて
Lectuerを行なってくれた。まだこの近辺にLionが潜んでいるので
、とりあえず気休めに戸締りをきっちりして寝る。さすがにJaco
bは平気な顔をして暗闇の中を帰っていった。大丈夫なんだろう
か??


【今日の発見】================----
・Lionに襲われる可能性が現実にある生活・・・非常に奇妙な
 感覚だ。
・ライオンと象と水牛のHuntingの仕方をならう。強いMulanの
 条件は足が速いことと頭がいいこと。
・様々な伝統的文化がこのCommunityの中では機能的にWorkして
 いる。都市の常識と全く異なる世界。それも十分な資金さえ
 あれば日本から僅か3~4日でいける場所で。地球上の時間距離
 の短さを実感
・と同時にこの土地が外界と完全に隔絶されていることも実感
 大統領が誰になろうと、オサマ・ビン・ラディンが何をしよ
 うとそれは何の意味ももたない。明日の天気の方がよっぽど
 重要なんだよね。ここでは。

基本的に休日。リサーチの中間チェックをANUとした上で、Sponser
RelationStaffのDariusとDisscussion。案の定DariusはSponser
を利用した資金集めの提案に乗ってくれなかった。「善意で寄付
してくれている人たち」と「献身的NGOスタッフ」の構図が明確
に。この業界はBussinessModelを欠いているという以前からの確
信を強める。顧客満足度の向上/競合他社との価格競争/資産運用
といった概念が絶対的に足りない。
夕食の用意を手伝い「チャパティ(インド料理のナンみたいなや
つ)」の作り方を習う。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。