カレンダー

05 | 2002/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【今日の出来事】----------------------------------------
朝起床後Naningoischoolにお別れ。最後の写真をとった後、Head
Mistlessと話す。「日本から来た」「AIESECの」「大学生」とし
て、「自分」として伝えるべきことは伝えられたと思う。
何時でも、「自分が」「そこに」「いる」意味を見つめていよう。

最後なのでTipatedやJacobに聞きたくて聞けなかった質問をして
みた。中身は秘密。答えは自分次第。きっと研修に行けば分かる
から(^^)/

帰る直前にClalaやMarsaが”I go with you to Nairobi!”って
言って別れを惜しんでくれたのが印象的だったな。
GOOD Bye Naningoi! I shall return!!


帰りのバスの中ではPhilipと話す。1つ凄くEncoulegingなことは
此処にいる誰もがmaasaiの未来にOptimisticなこと。彼らが日本
人のもってない大事な生き方を知ってることが良くわかる。

前川領事にお子さんを送った後帰宅。
さすがに疲れてたらしく直ぐねたよ。

【今日の発見】----------------------------------------
・Frendship,,,That is the one of the most presious thing
in the world! All my friend is the great treasure for me!
・日本は水と安全はタダ、改めてDeveopmentの恩恵に感謝
・でもここでは「幸せ」はタダなんだよ
スポンサーサイト
【今日の出来事】----------------------------------------
East&Southアフリカ会議の為、副大統領の訪問が延期に、、、
、、、なったにも関わらず、この研修期間中でもっともImpress
iveな一日。一生モノの経験をいっぱいしました。MEMORIALDAY!!

朝はスペイン-韓国戦を他所に、Staff-Teachers(実質上のNanin
goi運営Member)とMeeting。届けることが出来た物資や、机(無
事70人分出来ました!)、服について「感謝の言葉がみつからな
い」くらい喜んでくれた!協力してくれたミンナ、ありがとー!!
彼らに子供たちも加わって記念撮影(笑)この辺ケニア人は形式好
きだよね。


写真撮影後、Jacobとその奥さんに会った。マサイ最強の戦士に相応
しく、非上に美人な奥さん!結婚式にでれなかったのは残念だった
けど、結婚祝にあげたプレゼントのお礼に奥さん手作りのお守りを
くれた。友人としては第一号で結婚したマサイの英雄からもらった
一生モノの宝物。


午後はManagementCommitteeとMeeting。彼らが心からの感謝と誠意を
示してくれたのが何より嬉しい。ホントニ「報われた」って感じ。
色々あったけどメゲズニ頑張って良かった。協力してくれた人たちの
名前等を正式に報告後,MCの面々からBlessingを受ける許可を頂いた。
「牛」が何にもまして至上の価値をもつMaasaiの世界に於いて唯一牛
より価値があるもの、それがBlessing。実際のMaasai達でもめったに
経験できないSiniorElderによるBlessingを受けさせていただけること
に! (詳しく知りたい方は 
   http://www.egroups.co.jp/sfupld/CCF_Traineeship?path=/
          からNaningoiResearchReportをDLしてください)

後にJacobから聞いた話では、Maasaiの若者でこのBlessingを受けたく
ても受けれない人がいっぱいいるらしい。外国人でこれを受けたこと
があるのは世界で数える程(当然Pulukoでは初!)らしい!

BlessingCelemony自体もFantastic!数百人のMaasai達が参加してくれる
中、JacobがもってきてくれたMaasai装束に着替え、自前のシュカとお
守りで望んだよ。
Naningoiの子供たちがMassaiの歌とダンスを披露してくれ
た後、御婆さんたちが古くから伝わる伝統的Blessingの踊りを踊ってく
れた。お礼って訳じゃないけど、Jacobと一緒にLion狩りの踊りを披露
(っていっても簡易版だけどね(*^^*))そして待望のBlessing!!
70歳以上のSiniorElder(!)の方がMaasaiの赤い顔料で顔を染めてく
れた後、蜂蜜、牛乳、御神木で前途の幸福を祈願してくれた。Eliudが
ちゃっかり同席してるのはさすがだね。これで彼のCommunityにおける
影響力が一層強まった。

因みに僕自身もこのBlessingのおかげでMaasaiLandに於ける市民権を
獲得(!)住もうと思ったら土地と牛付で暮らしていいらしい(笑)
且つ、正式にMaasaiのことを外の世界に語る権利も頂いた。Maasaiの
若者達が羨ましそうに見てたからやっぱホントニ貴重なことなんだろ
うね。Eliudが”Now everybody in Maasai land will respect you”
って言ってた。

それと、最後、ChairManのまとめの後に演説をさせてもらった。
我ながら中々の出来だったかな(←自画自賛(*^^*))ちょっと北海道
農学校から去るクラークの気分。自分がCommunityに明確なImpactとを
与えていることを実感する瞬間。DTに於けるChangeAgent,,,ちょっと
体現出来たと思うな。
結果は10年後、彼らがどんな将来を選択するか、Naningoiの子供たちが
何をしているか、そうやって測られるんだろうね。10年後、きっと此処
に帰ってこよう。10年前の自分に挨拶する為に。


夕方にStaffやMC達と共にChiefのManyattaを訪問。これまた素晴らしか
った。Manyattaの中を一通り見た後、外で焚き火(CampFireみたいなの)
。日が暮れると共に月が昇り、紫の月光の下、Maasaiの人たちと語らう。
彼らも自分も何も違わない、同じ人間なんだって実感する一瞬。

因みに夕食は当然Maasaiらしく山羊。いい感じの小山羊を連れてきて、、
、なんと、生まれて初めて自分で山羊を殺したよ。まだ右手に皮と肉と
骨の感覚が、、、(笑)断末魔の声は人間みたいだった。
それと、残り日程と自分の体と相談して今回は冒険することにした。解
体してる途中、腎臓を生で味わう。卵豆腐みたいな味だったかな。これを
書いてる今現在体調を壊してないから、結構オレの体も丈夫みたいだね
(^^;)因みにMaasaiの人は腸も生で食べてた(驚)

アフリカの真中の、本物のサバンナで、生粋のMaasaiの友人達と焚き火を
囲み、オロシ立ての山羊を焼いて食べたこの日の夕食は最高の贅沢!!
食後はChief、Jacob、Eliudを中心にMaasaiDanceを楽しむ。アルコール
入ってないけど妙にハイな気分だったな(笑)

帰りはNaningoiまでテンデバラバラに歌いながら帰る。思わず「チェリ
ー」を歌ってる自分を発見(^^;
Jacobと語り明かしたこの夜はやっぱり一生の宝物。

THE MEMORIAL DAY!

【今日の発見】----------------------------------------
・NaningoiSchoolにおいては「開発」と「伝統文化」が綺麗に融合
 しつつある!
・夕方以降は蝿って寝るんだね。Manyattaに蝿が全然いないのに驚き
・月明かりは空気が綺麗だと十分に明るい。懐中電灯なしで全く困らない
 し、日本の夕方ぐらい物が見えるよ!
・Maasaiって結構芸人根性がある
今日の出来事】----------------------------------------
朝一でNaningoiProjectManagementCommitteeへのAcknowlegement
Letter暫定版を仕上げた後(暫定版を仕上げたってのも変な話だ
けど、、、)、DownTownにて物品購入。Eliudの見積もりが甘いの
に切れかける。日本大使館のProposalが見積もりに拘っている理
由が良くわかったよ。DownTownは用が無い限り歩かないけど、旧
市街地だけあって卸の店が林立してる。結構安い。前川領事の娘
さんをHiltonにてPickUPした後、いつものmatatuでNaningoiへ出
発!大量の物資を積み込むのに一苦労。今回はシュカ(マサイの
マント)を持参してみたら非常にウケてくれた(笑)Naningoi到
着は例によって夜。やっぱここに来ると「帰ってきた」って感じ
だね。妙に落ち着く(笑)驚きなことにOfficeにテレビ(バッテ
リーで動く)が!!!ほんの小さなこの箱がCommunityに与える
影響は計り知れない、、、マジで、、、。要注意だね。

【今日の発見】----------------------------------------
・キリン、アンテロープ、ゼブラ
・物を大量に持ってくとやっぱStaffが自分用の物をほしがる
・必要経費以外の政治的支出の重要性
・TVが生活/行動様式に与える影響の大きさといったら、、、
 このまま行けば確実にNaningoiの子供達はChangeAgentsに育
 つだろう。良きにつけ、悪きにつけ。でも善悪の判断をしてい
 いのは彼らMaasai自身のみ。先進国の人間の自分勝手な「伝統
 文化残したい」症候群にはもう辟易しつくしたからね。。。
【今日の出来事】----------------------------------------
朝はDocumentation,昼は事務処理&EliudとMeeting。漸く購入物品
の詳細が出揃った。日本人Trainee追加受け入れに関してDismasと
話そうと思ったけど捕まえられなかった。日本からの連絡の都合で
夜もDocumentation.

【アイセックの此処がダメ】----------------------------------------
・連絡するって言ったのにしない
・土壇場で踏ん張れない
・所詮内輪の世界しか見えてない
・社会的責任を考えない
【今日の出来事】--------------------------------------
インド大使館、インドAirを回ってコンファーム後、12:00より
TOのOBでマザーアース企画(*92年頃のTOYDEP、伝説の企画。
ユニセフの教科書にもなり、現在でも偶に外部からMCに問い合
わせがくる!)のOCだった斎藤様(現在ケニアのJBICに勤務)
と会談。商工会のプレゼンを上司から聞いてコンタクトをとっ
ていただけた模様。なんでもやってみるもんだ。ケニアの現状
、将来、JBICの活動等について色々お話を伺った。実際にYDEP
を経て開発分野に関わっている方の意見は非常に参考になる。
日本食をおごって頂いた上、Naningoiに対してご寄付頂けた(
!)AIESECのネットワークに感謝!
午後はEliudと会うはずが例のごとく捕まらなかったので事務
処理に勤しむ。
、、、といきなり夜彼から電話があり、土曜日に副大統領がNa
ningoiを訪問するらしい。ホントか?って感じだったけど、慌
ててスケジュールを組みなおす。
【今日の出来事】----------------------------------------
朝4時にNairobiへ。バスの中で時間をつぶした後急いで帰宅。
日本Vsトルコを観戦、、、、、惜しかったなー(涙)
午後は通常どおり仕事、、、をしたうえで、空き時間を利用し
てFrey,Kevinと共にMaasaiMktへ。
【今日の出来事】-------------------------------------
優雅な朝。コンチネンタルブレックファーストを楽しむ。
朝食後は軽い買い物をした後(異常に高い!)浜辺で読書。
Alchemistを読み終わる。午後はAbaに手配してもらって、
シュノーケリング。珊瑚礁と熱帯魚が美しかったうえに、
干潮なので遠浅の海底を歩くことができた。ホテルに戻り
軽いシエスタをEnjoyした後、いよいよモンバサにお別れ。
AkambaBusStationで夕食後、ヒタスラBusに揺られてナイロ
ビへ。
もう研修も最終局面、気合入れて頑張るぞ!
今日の出来事】----------------------------------------
ケニアにきて2回目の真っ当な休日!

久方ぶりの骨休め!PCと仕事の無い一日をenjoyしました(/^^)/
朝一(AM0400)でモンバサに到着後、明るくなるまでバス内で
仮眠、マタツを拾って、LiconiFery乗り場へ。モンバサ島と大陸
を結ぶFery(タダ!)に乗って大陸へ渡る。Feryにのると潮風と
波の音が感じられて、もうリゾート気分満開!対岸からはマタツ
でUkundaまで30分、そこからマタツを乗り継いで、15分もすると
そこはもう南国、かの有名なDianiBeachに到着しちゃいました。
RickとFranzyに勧められた宿を探して(ちょっと苦労したけど)
チェックイン後、早速Beachへ!
・・・
・・・
・・・
・・・暫く言葉が出ないぐらい、そこはもう絵に描いたような完
璧なParadice!真っ白な砂浜(日本と全く違ってサラサラしてて
細かく、ホントニ白い)、照り付く太陽、緑のヤシの木、そして
何より、真っ青な海と空!いやー、強硬日程でも来て良かった。
OffSeasonとはいえ、日本の異常に込んでいる海岸と比べたら天と
地ほどの差のほとんど無人のビーチは快適そのもの。
ヤシの実を直に飲みつつビーチに横になって日光浴を楽しむのは
なんとも言えない贅沢でした(^^)夕飯は途中で知り合った現地
人ガイドのAbaと一緒にニャマチョマをEnjoy。夜、プールサイド
で一人読むAlchemistは又格別だったよ。明日はシュノーケリング
の予定。

【今日の発見】----------------------------------------
・絵に描いたような砂浜ってホントニあるんだー。
・さすがに物価はナイロビよりずっと高い、、、。
・ムズング(白人)としての生活もあんがいEnjoyableかも
【今日の出来事】----------------------------------------
Venessaの家で久方ぶりのHotShowerをEnjoy。今考えられる一番の
贅沢かも。Ronardの家にもどって、洗濯して、明日の準備。昼食後
はRickとFranzyを見送りに。KenyaYdepのTraineeもだんだん少なく
なってきた。こっからがKenyaYdepの自力が問われるところだろね。
1000pmの夜行バスでモンバサに行く予定なので、いつものMawabyt
oCafe(日本語が使えて安くて早いCyberCafe。お気に入り)でヒタ
スラ時間をつぶす。ナイロビにMasterTeaseを書きに来たUSAの学生
と知り合った。夜行バスは椅子が悪いのに加えて道も悪く、ムチャ
クチャ乗り心地が悪い。全然眠れなかった(=o=)zzz
【今日の出来事】----------------------------------------
起床後EvaluationMeeting用の資料をFinalizeし、CCFへ。ケニア
ンタイムで11時よりEvaluationMeeting。CCFのお偉いさんが勢ぞ
ろいして、CounrtyDirectorまで参加したから驚き。彼女に会った
のはこれが始めてだよ。因みにこのMeetingはAIESECから受け入れ
たTrainee計12人のEvaluation件FeedbackMeeting.CCFOfficeで初
めての真っ当なMeetingかも。Meeting自体は非常にスムーズかつ円
満かつ成功裏に終わる。AIESEC代表で参加したRonardとFridaが謙
虚に受け答えしたのが良かったかも。この感じでいけばCCFでの継
続的Trainee受け入れも可能かもね。
Meeting後は日本からの連絡をチェックし、Rick&Franzyと会う。
彼らは今朝ウガンダ>タンザニア>コーストをまわる一ヶ月の旅行
から帰ったばかり。かつ明日帰国。実質今日がTraineeship最終日
なので今夜のAIESEC-KenyAnnualDinerがFarewellを兼ねることに。
SilverSponeでJOP、ANU、Jolienと待ち合わせて全員でIntercontin
entalへ(因みにMichelとDennieceには連絡がつかなかった。Denni
ece)は明日帰国するらしい。

AnnualDinerの会場は非常に立派なホテルだったし、食事は豪華、ゲ
ストのスピーチは非常に素晴らしかった。、、、んだけど、この夜は
むちゃくちゃ居心地が悪かった。BeitterNight.

YDEPのTrainee全員がこれだけAIESEC(主にナイロビLC)のせいで苦
労してて、当初想定していたのとは全く異なる研修を送っているのに
「Best friend of Trainee」だとか「Best Team leader」だとか「
Best logistics」だとか、、、内輪で祝って(企業人も80人ぐらい居
たけど)盛り上がるのはわかるんだけどさ、その言葉の空虚なことと
いったら。。。実際にTraineeについて何かしってるAIESECerがあの
場に集合したケニアのAIESECer240人の中に何人いたか、、、ていう
か3人ぐらいだろうね。それなのに、「今年の成果は、、、」「来年
の目標と改善点は、、、、」とか言われても虚しいだけ。Trainees
のテーブルは「ちょっとまてオイッ!」って感じのしらけた空気と
「何ナノこれは?」って感じの呆れた空気が半々ぐらいだったかな。
行ってることと雰囲気がIdealisticなだけに、Gapが余計目立ってた。
ANUのコメント。"It's a good comedi, isn't it?"


海外に行ったことがないAIESECerにInternationalExprosuerの何がわかる?
Internshipを経験したことの無いAIESECerに研修の質の何がわかる?
Traineeと本気で会話したことの無いAIESECerにAIESECの理念が分かるの?

年に何度か集まって、意義深い話を聞いて、頑張ろうって盛り上がって、
それであなたが取っているActionは、「誰に」「どんな」Impactを与えて
ますか?
あなたは「ホント」の意味でTraineeとSNとTNの声を聞けてますか?


AIESEC-Kenyaの全ての研修が悪いわけでは全く無く、AJはAKより随分
ましだけど、それでも完璧からは程遠くて、きっと同じような思いを
しているSN、Traineeが居るんだよね。
研修に来てよかった。
これを読んでくれてる全ての人に、SNになることを心からお奨めします。

自戒も込めて。
内輪で社会の真似事して喜んでる自己満足団体にならない為に。

【今日の発見】----------------------------------------
・Dismassは割と有能かも。Understandableな人物だね。
・「最近研修どんなかんじ?」→「いい感じだよ」こんな答えしか
 もらえなかったら、あなたはそのTraineeの友達になれてないかもね。
・途上国に於けるAIESECerの社会的役割と、その難しさ。どうやって、
 AIESECerが自国のDevelopmentに貢献できるだろう?
・「あなたは誰ですか?」故、前田パパの名言を再確認。
 「AIESECの○○をしている××です」じゃなくて、「私はこういう
 人間です」って言えるといいよね。同時に「AIESECの○○をしてる」
 以上、責任と自覚をもって期待されてる結果をだせるといいよね。
・アイザックが「BestAlumni」で表彰されてた。
・ホテルから出てきてスーツを着てると交渉してもタクシー代下がら
 ない(ToT)
【今日の出来事】--------------------------------------
朝から婦人会に顔を出して新たなチャンスを探る。婦人会長件日本人
学校長婦人の浅野さんは非常に快活で個性的な方でした。午後はEliud
と大使館関連をFinalizeするはずだったんだけど、、、。久方ぶりの
空き時間ができたので、Alchemistを読む(ハリーポッターは先週読破
!長かったー。)

【今日の発見】----------------------------------------
・ケニアの日本人はホントに点と線の生活をしてる。安全が確保されてる
 家と会社と高級店を車で移動するだけの暮らし。
【今日の出来事】--------------------------------------
商工会幹事会の日。朝一で伊藤忠にむかい、資料、PPTを印刷。
商工会幹事でもある萩原氏と共に会場であるJETROへ。ケニア
にきて初めてProjectorを見た。
10分程時間を頂いて、Naningoiに関するプレゼンをしたんだけど、
結果から言うと、完敗。ターゲット選定の時点で無理があったね。
審議の場には入れなかったんだけど、ソンデミルProjectがNGO
に邪魔されたこととかもあり、この国に居る「官」はNGOに対して
強い疑いの目をもってる。議論が本題に行く前に「NGOへの寄付」
という時点で拒絶されたらしい。
幹事会後は伊藤忠に戻り、曽我部氏を交えて反省会。その後は、
青年海外協力隊OBでもある三井商事の方にアドバイスをもらいに
行く。予定を変更して婦人会にも顔を出してみることにした。

夕方前川領事より電話があり、お子さんを来週Naningoiにお連れ
することに。

【今日の発見】----------------------------------------
・TOの人しか知らないだろうけど、今井(00-01term TO YDEP
 Incoming)の苦労を実感。今井、お疲れさん
・ケニアの日本人のNGOに対する嫌悪感、疑心暗鬼、倦怠感を体感
・「学生」の看板を背負わずに戦うことの難しさ
【今日の出来事】----------------------------------------
商工会幹事会の用意をする為に伊藤忠へ。ホントにお世話にな
りっぱなし。「社会人になったら後輩の面倒見たげればいいよ」
と快く協力してくれる曽我部さんはマジいい人だぁ。漸くEliud
がJICALetterのドラフトを仕上げたので、DismassとともにFina
lize。10回ぐらい直したかな、、、、。初めてDismassがProfes
ionalに見えた瞬間。

【今日の発見】----------------------------------------
・最近きっちりTraineeshipReport書く時間がないぐらい忙しい。
 最後の追い込み、がんばるぞ!


【今日の出来事】-------------------------------------
Carpenterと値段交渉の後、朝一でNarokへ出発、、、のは
ずがEliudが相変わらず非常に忙しく、出発が伸びに延びる
。授業を見る時間が非常に増えたからまぁいいんだけどね。
結局Ntureleについたのは2時ごろだった。途中バイクで
Naningoiに向かう途中のTipatetと再会。NtureleでANUとF
reyと別れた後Narokへ。Naningoiへ寄付する机を作るため
の木材、加工用具、輸送手段etcを手配。再来週Naningoiへ
戻るときには全てが用意されているはず。ナイロビへの帰路
はも含めると6時間以上の行程。やっぱ遠いよなぁ。
SouthBのRonaldの家に戻ると、JOPがSambuluから帰宅して
いた。Jolienが心配でProjectを早めに切り上げたらしい。
そうそう、Jolienの容態はそこまで悪いわけではなく、もう
ほとんど大丈夫らしい(^^)/。明日からBaringoのProject
にいくっていうから驚きだね。

【今日の発見】----------------------------------------
・キリン、シマウマ、アンテロープ、ガゼル
・移動は非常に疲れる
【今日の出来事】================----
非常に忙しい一日。
早朝起床後、久方ぶりのNaningoiの空気を楽しむ。ナイロビとは時間
の流れが違うせいか、長年住んでた故郷に帰ってきたような感覚。そ
れだけ前回の滞在が自分にとってImpressibeなものだったんだろうな
。ANUも同じ様に感じたらしいから不思議だね。朝食後、Teachersとの
軽いMeetingを経て、いざ、NaningoiSchoolへ。子供たちが歓迎の歌を
歌ってくれた。中に見知った顔があるのがなんだか嬉しい。
今回はNaningoiに対して援助をしてくれた人たちを代表してきてるので
余り好きじゃないけど写真を取り捲ることを決意。上級生(4年生)達
と一緒に、Gate,Farmの写真をとる。ケニア人はこんなときだけOrderを
好むからオカシイよね(笑)カメラを渡したんだけどNaturalな写真を
とってくれたか心配、、、。一応Officialな行事はそこで終えて、早速
ClassRoom、Domitoryへ。Teresiaが案内してくれた。識字率3%を切るこ
の土地でほとんどの子が英語を話せるんだから、教育の威力って凄いよ
ね。さすがにムズング(白人)には皆な興味深々だった(笑)。
午後一で昼食前にManagementCommitteeとMeeting。前回のResearchの簡
単な結果報告の後、各地から募った寄付の状況を報告。Communityの代表
である彼らからOfficialにAcknowlegeされた。今回は学校に机(70人分)
と黒板(携帯用*2)を買うことに。

協力してくれた皆さん、本当にありがとうございます。

ManagementCommitteeの方々も本当に本当に感謝してくれた。Communityの
ChairManや、地域の行政長官、Parents代表達が目に涙を浮かべて感謝して
くれた様はずっと忘れられないだろうな、、、。彼らがこの3年間、どれ
だけ苦労してマサイcommunityの教育、ひいては生活向上を目指してきたか
が偲ばれる.普段は寡黙なChairmanまでが多弁にNaningoiについて語ってい
たのが印象的だった。それと、皆が皆、Eliudに最大限の感謝と敬意を表し
ていたのも非常に印象的。今ある全てを単身開始した彼に対する、Communi
tyカラの信頼と尊敬が良く現れた一幕。彼が居なければ未だpurukoのほとん
どが従来のままの生活をしていただろうことを考えると、その偉大さが良く
わかる。

午後はEliudが仕事を終えるのを待って近くのManyyattaへ。JacobのWedding
に出席できない以上せめてFreyにManyyattaを見せてあげないとね。、、、
Manyyattaの暮らしは当たり前だけど、相変わらずの非常に劣悪な生活環境。
それでも少しずつNaningoiSchoolの影響がCommunityに浸透してきているから
凄い。Naningoiへの帰還はとっぷり日が暮れてからだった。、、、彼らよく
真っ暗な中道が分かるな、、、。

さすがに疲れていたらしく、夕食後はすぐ眠りについた。

【今日の発見】================----
・Eliudはナイロビに居るよりNaningoiに居る方がずっと忙しい
・同時にずっとカッコイイし、生き生きしてる。現場の人なんだよね。
・RuralAreaにおけるProjectManagement、とくに様々なOfficialなProcessuer
 を踏む重要性にきづく。
・蛇
・PoliticalなSpeechを英語でするのは骨が折れる(笑)
・Naningoiの暮らしを懐かしく思う自分が妙に嬉しい
・「教育」の威力、とくにAdovocacyの重要性を認識
・マサイの人たちも、自分達の未来を自分たちで切り開く為に必死でStrragol
 してる。僕らと何も変わらない。
【今日の出来事】================----
HiltonHotel前で待ち合わせ後、マタツ(バス)乗り場のある
DownTownへ。途中スーパーで子供たちにあげるお菓子を購入。
さらに、Eliudの都合で印刷所へ。DownTownにある薄暗いビル
だったけど、ナイロビの印刷関連会社はほぼそこにあるらしい。
マタツの旅はあいかわらず長く感じたけど、実質2時間弱でNtul
ere(最寄の街)までつく。軽い昼食後、帰るまでの食料、燃料、
etcを購入して、いざ出発。雨季だった前回に比べて格段に楽な
行程。凡そ2時間ほどのサファリ(道が無いってことね)でNanin
goiに到着!JERALD、TERESIA、JOSEPHINを初めとした懐かしい面
々と再会。一ヶ月は離れてたんだけど、忙しかったせいかつい昨
日別れたばかりの様に感じたから不思議だね。夕食はJOSEPHINお
得意のチャパティで歓迎してくれた(^^)
因みに今回は土日とはいえ学校が始まってるので当然240を超える
生徒たちがNaningoiで寝泊りしてる。早速彼らに会いに行きたい
のをグットこらえて、Headmistress(Teresia)のOfficialな紹
介を待つことにした。
今日一番の悪いニュースは、JacobのWeddingが恐らく火曜日になる
らしいってこと。せっかくプレゼントも用意して、楽しみにしてた
のになぁ。。。マサイマラから花嫁を延々歩いて連れてくるんだ
からしょうがないといえばしょうがないんだけど、、、無念。日
本企業商工会でのプレゼンテーションが水曜にあるため、断腸の思
いで出席を諦めることに。恐らく人生で唯一のマサイ族の英雄の結
婚式に出るチャンスを逃した、、、と思うと悔しいので、次の機会
が楽しみ!といっておこう(--;)

【今日の発見】================----
・シマウマ、アンテロープ
・学期が始まるとプロジェクトの予算は非常に厳しい。Staffの食費
 もカツカツでやってる状況。
【今日の出来事】================----
朝、来るはずのEliudが来ない。ので、ANUとともにJacobのWedding
Presentを作る。昼前に伊藤忠で来週の商工会幹事会用のPPTをチェ
ックしてもらう。昼食は日本食を奢って貰った。久方ぶりの納豆は
激美味。やっぱ日本食っていいよね。帰ったら真っ先に大戸屋か居
酒屋にいこう。午後Officeに戻ってNaningoiReportをついに完成。
っと思ったら、緊急事態。Jolienがマラリアにかかったらしい。何
とか連絡をつけようとするも、美味く繋がらず。非常に心配だけど
来週まで状況はわからない。。。恐らくモンバサで刺されたんだろ
うな。

【今日の発見】================----
・結構古着が集まるっぽい、、、ということは郵送費がかさむこと
 に、、、。本格的にフリマで売る事を考えるべきかも。

【今日の出来事】================----
午前中は日本人商工会用のPPTを作る。伊藤忠にアポをいれて、
明日チェック。インドAirでリコンファーム後、午後Officeに行
きDissmassにJICA関連の最終確認をしたところ、CCFケニアのTO
Pから直々にSTOPがかかったらしい。CCF自体がリストラクチャリ
ングをしたばかりで組織として余裕がないとか。
そんなの初めから分かっとけよって話なんだがグット我慢。Eliud
とともにJICAにたいする感謝&辞退のLetterを書くことに。来年
度は是非ともJICAと組みたいらしいけど、彼らだけでできるかは
甚だ疑問、、、。むぅ。困った。とりあえずDissmassがキッチリ
Relationをkeepすることを願うばかり、、、。
大使館関連(草の根無償)はTOPの許可がでたので来週でケリをつ
けよう。
NaningoiのReportはいいかげん、なんとしても今週で終える。

【今日の発見】================----
・ゼミの友人がTOのSNでしかもケニア希望(笑)驚きだ
・ケニア人(Dissmass)でも気を使うことがあるんだ
・JICA関連はStandPlayだったか、、、。というかCCFの組織構造
 を押さえずに進めたのがまずかった。意思決定者の見誤り。
【今日の出来事】================--
サリッドセンターでJacobのWeddingPresentを購入。いろいろ
迷った末に額と写真を贈ることに。同時にNaomiKipruのマサイ
に関する文献購入。マサイに関する纏まった研究はほとんど無
いので非常に貴重、、、なわりには安っぽい(笑)
Naningoiの直し、ANUのパートがまだ終わらず。

【アイセックの此処がダメ】============-===-
・emailに返信しない
【今日の出来事】================----
仕事ッス。

【今日の出来事】================-
JICADay。朝一でOfficeに行きEliudとDismasでMeeting、、、
のはずがEliudがこない。彼がProposalを作ることになって
たんだけど、、、電話確認したところ作業中なので直前に
くるとか、、、Proposalができてることを祈る、、、だけ
じゃ芸が無いので、出来てなかったとき用に他の資料を用意
。因みにケニアに来て初スーツ(^^)昼前に漸くEliudが到着
。早速Dismasを交えてMeeting、、、と思ったらDismasが昼
ご飯で外出、、、。因みにEliudは案の定Proposal今日はで
きないって(涙)彼らやる気あるのかね?、、、と思うがグ
ット我慢して善後策を練る。内にアポの時間。Dismasはホン
トニぎりぎりで帰ってきて、慌てて車を手配してJICAへ。
結局10分遅れ、、、。ケニアでは恐らく一番高い(高さも、
値段も)ビルに彼らは圧倒されて模様(笑)JICAへ入るなり
声が小さくなった(笑)Meeting自体はまあ60点。Disamasが
事前資料を読まなかったため襤褸を出しまくったがそこそこ
フォローはできたので今後のアクションに望みは繋がったか
と思われる。Meeting終了後いきなりDismasの態度が変わる
からお笑い。分かり易く、権威に弱いケニア人の美徳と思っ
ておこう(^^;)午後はDismasEliudとともに大使館、JICA
両者へのアプローチを詰める。今週中にEliudが正式なLette
rを送ることに。

【今日の発見】================----
・ケニア人には分かり易い方がいいらしい。例えばでっかい
 ビルとか・・・。
・やっぱり同国人じゃないと微妙な感情の機微は読めないらしい。
 情報源としての顔と声のトーンとしぐさが優れて文化、人種
 に寄るものだからかな。


【今日の出来事】================----
Import関連の手配をした後、再びCareyとJessの家へ。
CareyとJezzの最終日。Careyは元オーストラリアMCP、AIのカン
トリーコーチ(韓国担当)をへて今週までbarckreyBankのTrain
ee。当然AIのAndrewとも友人てか同僚。非常にカリスマチックな
かっこいいTraineeでした。林さんや純平さんの全裸でよかちんが
世界的に有名なことを再確認(笑)Venessaや他のTraineesも加わ
って、15人程でParty。残念ながら明日にJICAMeetingがあるため
早引き。因みにCarey達は明朝8時からトラックで陸路南アへ向か
う旅に出るらしい。30日かかるとか。

【今日の発見】================----
・TraineeのCommunityとAIESECerの間のGapを再確認
・AIESECのNetworkを再確認。どこに行っても共通の知り合いが
 いる。やっぱ凄いよね。
【今日の出来事】================----
昼間は休日。
夜はCareyとJess(BarckleyBank)が帰国する為、久方ぶりに
Traineesで集まる。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。