カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絹のように滑らかな、

そして、

どこまでも厚く巧みに覆われたヴェールの奥、



資本主義の咽喉下まであと一歩。



誰かが創ったこの世界に、

譲れない牙を突き立てろ。


どこまでも鋭く無邪気に、

焦る想いをヒタ隠しに、

悪魔も酔わせる位優しく、

何よりも、早く、早く、早く、、、。



そうでなければ、いったい、何をしているんだい?
スポンサーサイト
昨日、こんなことを悩みました。

「100%好きなことを楽しんでやっている人と、90%好きなことを100%の目的意識をもってやっている人、どちらがより良いかって?」



以上で、日記は終わりです。

以下は、考える上での個人的なメモです。
(永久記録媒体って便利ですね、、、物理的な破損が無ければですが、、、、)
============================

100%好きなことをやっているほうが上手くいくよ。
だって好きなことをやっているほうが頑張れるだろ?

じゃあもしもより頑張れるなら、90%好きなことをやっている人のほうがいいってことだね?
うーん、でも同じだけ頑張った、100%好きなことをやっている人のほうがいい気がするなぁ。

それは時間数が同じならば、効率性がいい人の方が良いってことだよね。
でも、好きなことと効率がいいことって同じ事なのかな?

効率って、単位時間当たりの質×量だよね。
質の定義は難しいけれど、既存Input+追加Inputの総和とOutputへの変換性能ってとこかな。
量は速度の逆数。

そうすると既存の領域を問題にしないのであれば、追加Inputの規模(=速さの逆数)及び変換の深さ・速さが判断要素みたいだね。
あ、それと、その成長性。

よって物事の判断基準は
①投入可能時間 (=任意)
②既存Inputの量 (=既定)
③追加Inputの速さ (=要検討、但し訓練可)
④変換処理の深さ (=要検討、個体差あり)
⑤変換処理の速さ (=要検討、但し訓練可)
⑥成長性 (=要検討、但し測定は極めて困難)


ということは、判断基準としてクリティカルなのは、④の対象に対する変換性能の限界値ってことですね。

ああ、すっきり。


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。