カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【今日の出来事】================----
朝0530起きでNarokProjectへ出発。ナイロビからマタツで2時間半。
待ち焦がれたマサイ族のAreaへ。因みに途中の景色は感動もの。標
高1700Mの台地の上からケニアの広大な大地を見渡せる。言葉では
表しがたい雄大な光景。案の定日本人観光客が群れて写真をとって
いた。・・・実はオレも撮りたいかも(笑)NarokではFocusグルー
プのLeaderを集めた2日間のTrainingを行なっていた。今日、明日と
それにJoinすることに。とは言え全編スワヒリ語。集中力をKeepす
るのに非常に苦戦した。帰りのマタツも当然ながら素晴らしい景色。
まっ平らな大地と空に挟まれた限られた空間で人間が生活している
ことを強く感じる。同時に、視力の限界も実感。どこまでも続く大
地を追いかけていくと目が悲鳴をあげる。「何か有るんだろうけど
もうこれ以上は見えませんっ」てな感じで。本物の地平線を見たの
は初めてかも。ナイロビに帰るのが遅れて危うくTigoni行きの最終
マタツを逃しかけた。明日は早めに帰ろう。

【今日の発見】================----
・日本人の宗教に対する合理主義を説明するのは大変だ
・CCFのコミュニティに対する制度インプリもアイセックの国総も
 さして変わらないね。アイセックを運営した経験は間違いなく将
 来NGOを運営する際に役立つことでしょう。
・あれだけ広大な土地があるんだからケニア政府は土地を切り売り
 すればいいのに・・・。工業団地ではなく農地開拓に対する税制
 優遇処置をつけて10年ぐらいの中期で償還する契約でUSAのアグリ
 ビジネスを呼び込む。短期的には公共事業奈美に雇用が創出されて
 中期的には農地開拓と技術者育成が進んで、長期的には国土の計画
 的開発が可能になる。まぁ伝統文化保護や自然保護には細心の注意
 を払わなきゃいけないけど、絶対儲かると思うけどなぁ・・・。

【アイセックとの比較】===============--
Narokのマサイコミニティ、やっぱりきっちり組織化されてた。Disscu
ssionも活発だし、制度インプリもスムーズに行く。大きな違いは2つ。
扱うテーマが自分の日常生活に(それも生死に)直結する為やる気が圧倒
的にあることと、組織形態がよりTOPDOWN型なこと。アイセックが各主
体(LC)に大きな権限を委譲した特異な組織であることが良くわかる。
まぁスタッフがフルタイムであることと有給であることも大きいけどね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://letoy.blog83.fc2.com/tb.php/80-02745890


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。